お茶は自律神経に影響を与える飲み物なのでしょうか?

 

 

出勤前や仕事の休憩時間中に、お茶を飲む習慣がある人もいます。お茶を飲むとリラックスし、気分的にも高揚して仕事がはかどるといった経験はあるでしょう。

 
その原因はお茶に含まれるカフェインが原因になっています。カフェインは自律神経を興奮状態にする働きを持っているため、脳が活性化されてやる気を起こさせるという仕組みになっています。

 
このカフェインですが、適度に摂取している分には自律神経に作用して活発な行動を促してくれます。摂取量は体重に比例しており、50㎏の人で1日に3杯から4杯が適量です。

 
一方でカフェインには危険な要素も含まれており、致死量があるほどの危険な化学物質でもあります。

 

 

もちろん、市販されているお茶は化学精製されているので死ぬことはありませんが、摂取しすぎることで身体に様々な悪影響が出てきてしまいます。

 

 

カフェイン自体が脳機能や自律神経に大きな刺激を与える覚醒系の化学物質であるため、過剰に摂取すると動悸、発汗、不安感、焦燥感といった症状が現れてきます。

 
また、カフェインにはタバコと同様に依存性があるため、カフェインが切れると脳がカフェインを欲し、取り込むことで安堵感を得られるというサイクルに陥ってしまうこともあります。

 
特に自律神経失調症の人がカフェインを摂取することは、交感神経を刺激し続け症状を悪化させることになるので控えた方が良いです。

 
かといって楽しみの一つであるお茶を控えることはストレスにもなるので、精神的な影響面を考えると良くありません。

 

 

自律神経のバランスを整えながらスラックス効果が望める飲みものとしては、ハーブティーがお勧めです。

 
お茶を飲むという習慣は悪いことではありませんし、飲み方によっては自律神経を上手く刺激してくれます。

 

 

しかし、過度の摂取は依存性を加速させてしまうだけでなく、身体にも悪影響を与えるので効果と弊害を良く認識したうえで、自己管理による飲み方や量に対する注意が必要になってきます。

 

豊富な栄養成分が入っている飲み物もありますので、自立神経を改善したいと思っている人は

 

>>養命酒で自立神経

 

からご覧ください。