ぐるぐるとしためまいが原因で悩んでいませんか?

急に立ち上がったり、入浴時の浴槽から出たりしたときにめまいを感じ、目の前がぐるぐるしてしまうといった方は少なくありません。

めまいはよくある症状である一方、適切な処置を怠ると重大な病気へと発展する可能性もあるので、注意が必要です。

そもそもこのめまいとは、一体何が原因で起こるのでしょうか。

めまいには大きく分けて、3つのめまいがあるのですが、一つずつその原因を見ていきましょう。

まず一つ目が「回転性のめまい」というものです。

見上げた天井がぐるぐる回っているような感覚を受けるのが、このタイプです。

併せて、吐き気や嘔吐といった症状も引き起こしてしまいます。

体のバランスをとる働きをしている片側の内耳や、内耳にある前庭と呼ばれる神経の病気が原因になっている場合が多く、前述のように頭も目もぐるぐるしてしまうといった特徴があります。

↓↓めまいを改善する漢方薬の詳細を紹介しています↓↓

次に二つ目が「浮遊性もしくは動揺性のめまい」というものです。

このタイプは、まるで自分が宙に浮いているような、ふわふわとした感覚に陥ってしまうといった症状が起こります。

これは、前庭の神経の病気が両方で起きてしまった場合や、片側のみで起きても症状が比較的軽い場合、さらに前述の「回転性のめまい」が回復しだした頃に見られます。

また、パソコンやスマホの使いすぎによる眼精疲労や肩こり、頭痛などでも併せて起きてしまう場合もあります。

そして、最後の三つ目が「立ちくらみなどを伴うめまい」というものです。

このタイプは目の前が急に暗くなってしまったり、気が遠くなったりするめまいで、症状が悪化すると、意識を失ったりしてしまうほどの危険性があります。

たとえば、立ちくらみや脳貧血といった病気はこのタイプに含まれます。

不整脈や低血圧といった心臓や血管系の病気、さらに貧血や心因反応などが原因となっている場合が多いことが特徴です。

このように、めまいといっても様々であり、症状も原因も異なります。

体に異常を感じた際は無理をせず、早めに病院へ行き検査するようにしましょう。