めまいと発汗の原因が何かごぞんじでしょうか?

めまい

自律神経の乱れが原因の場合もあります。

 

 

まず自律神経失調症とは、自律神経がみだれることです。

 

 

自律神経には、交感神経と副交感神経とがあります。

 

 

交感神経は身体や脳を動かす神経で、副交感神経は身体を休憩させ回復させる神経です。

 

 

朝に活動的になり体を動かすのが交換神経。

夜に眠たくなり体を休めるのが副交感神経。

 

 

これを踏まえて自律神経失調症による原因のめまい・発汗についてですが、バランスを崩すのは、交感神経がたくさん

働きがちになるのが現代の自律神経失調症の特徴なのです。

 

例えば、

 

  • 仕事が忙しい、休めない
  • 家事や育児が大変
  • プライベートのストレスが溜まってる

 

女性が社会でバリバリと活動することで、このような予期せぬ悩みも増加しているのです。

 

 

そのため、1日中悩み事は頭から離れなくなり夜も休めず、副交感神経が上手く機能せず、めまいや発汗が起きたりする原因になるのです。

 

 

もちろん、めまい以外にも症状は数え切れないくらいあります。

 

 

それほど自律神経の乱れは恐ろしいのです。

 

 

しかも、困った事に1個の症状が発症するだけではなくて、同じタイミングでいくつもの症状が発症してしまう事もあります。

 

 

めまいと発汗はたくさんある中の原因の1つに過ぎないのです。

 

 

めまいは、耳鳴り、耳の閉塞感そして平衡感覚が乱れた時にめまいが発症します。

 

 

つまり、めまいが現れる以前に様々な信号があなたに送られているのです。

memaisingou

 

めまいや耳鳴りを治す薬に副作用はない?

 

もし、継続的にめまいがあるのでしたら、病院で薬を処方してもらう方法もあります。

 

 

ただ、めまいの時に飲む薬には稀に吐き気といった副作用も報告されているので注意が必要です。

 

 

そこで、サプリではなく効果効能が認めらえた「漢方薬」を飲んでみるのも良いかもしれません。

 

 

ある漢方薬は、「めまい・耳鳴り」に特化した効果効能が期待できるので、今のあなたにおすすめではないでしょうか。

 

 

【関連記事】めまいや耳鳴に特化した漢方薬の詳細

 

 

自律神経の乱れでの発汗の理由

 

発汗は、心臓血管系循環器のしわざで動悸やたちくらみ、ほてり息切れ、呼吸困難、めまい、大量の発汗、不整脈、胸の痛みなどさまざまな症状があります。

 

 

また、血液の流れが良くないので、室温や気温に関係せずいきなり暑くなったり、手や足がひえたりするのが特徴です。

 

 

また緊張していないのに冷や汗をかくこともあります。

 

 

全身に関しては、疲れやすい、疲労感、力がはいらない、不眠、震え、大量の汗などで自律神経失調症の症状では特に多い症状と言えるかもしれません。

 

 

眠りが浅くすぐ目が覚めたり、寝つけない、起床時の疲労感などの症状もあります。

 

 

次に心の症状としては、怒りっぽくなる、すぐ悲しくなる、情緒不安定になる、変にテンションが上がったり感情的になります。

 

 

原因は不明ですがいきなりドンヨリと不安になる、恐怖心に襲われる、人間不信になると不安感におちいる。

 

 

何かと悲観的になる、落ち込むと長引くことが多く、何かと悲観的になるとネガティブ思考になります。

 

 

そして、やる気がない、何もしたくないと無気力にもなってしまいます。

 

 

集中力の低下としては、もちろん集中できない、記憶力が低下する、物忘れがひどくなっていきます。

 


めまい

自律神経めまい