あなたは、めまいの薬が効かないと感じていませんか?

実は、多くの人がめまいの薬が効かないと悩んでいます。

チェックポイント日頃からめまいに悩み、医師からは「自律神経失調症」と言われて薬を処方して貰ったものの、その薬がいざと言う時に効かないという人もいます。

効果が実感できないし、副作用が気になります…。

自律神経失調症によるめまいの場合、医師から処方されるのは殆どの場合「抗不安剤」です。

安定剤とも言われ、筋肉の緊張をほぐして不安感を和らげる作用があります。

その効果が「めまい」を改善するのです。

めまいの薬が効かないと感じる理由

抗不安剤には非常に多くの種類があります。
めまいの薬はたくさんの種類がある

強い作用があるものから弱い作用のものまであり、飲んでから効果が出るまでの時間も違います。

チェックポイント一番早く効く抗不安剤は飲んでから薬15分で効果が出ますが、中には30分位かかるものもあります。

痛い時に効果がなければ飲む意味がありません。

薬の違いで効果が現れるまで、これだけの時間差があります。さらには、あなたの体に合わなく効果が効かないということも考えられます。

また、めまいの症状が強くて吐き気もある場合、同じ薬でもすぐに効かない場合もあるのです。

↓↓めまいを改善する漢方薬の詳細を紹介しています↓↓

めまいの薬は何時間くらい効果がある?

抗不安剤は種類によって効果の作用時間が全く違います。
薬の作用時間

短いもので4~5時間程度の薬もあれば、長いもので100時間以上も持続する薬もあるのです。

こんなに持続時間に差があるなんて…。

これだけ作用時間がまちまちだと、服用するのも怖くなってしまいます。

チェックポイントつまり、薬が効かないのではなく作用時間が短い為に症状を抑えきれなかった可能性もあります。

それでは作用時間が長い薬を処方して貰った方が便利だと思う人もいることでしょう。

しかし、その種類の薬は強い作用があり、それだけ副作用が起きる可能性も高くなります。

特に抗不安剤は長く続けていると、止める時に離脱症状が現れる場合も多いのです。

めまいの薬が効かないから試してみたこととは

めまい薬に頼りすぎるのも良くないと以前から思っていました。
めまいで試した事

やっぱり薬に頼りすぎるのはダメですよね…。

でも、そんな時に、わたしのめまいの症状を知っていた職場の先輩がある方法を教えてくれたのです。

実は、先輩も私と同じようにめまいで悩まされていたのです。

めまいは本人にしか辛さが分からないので、先輩は親身になってくれました。

その方法というのは、薬でもサプリでもなく「漢方薬」を飲んで、めまいを改善・予防するのです。
めまいを漢方薬で改善

正直、わたしは漢方薬でめまいが改善されるの!?と思いました。

というのも漢方薬は薬ほどではないとしても副作用も報告されていますし、本当に効くのかな?と疑問に思っていたからです。

ただ、先輩が言うには「めまいや耳鳴りに効く」漢方薬というのが販売されていて、直接悩みに効果が期待できるとのことでした。

そして、漢方薬についてちょっと調べてみたのですが漢方薬には「めまい」の根本的な原因を改善してくれる効果が期待できるのです。

つまり、漢方薬は定期的に悩んでいるめまい自体を解消してくれるかもしれないということです。

後ほど詳しく書いていますが、その漢方薬を飲んで感じたのは「スッキリ地面に足がついている感覚♪♪」を実感する事ができたのです!

普通の事ですが、こんなに心地よく過ごせるたのは本当に久しぶり♪

ちなみに、私が実際に飲んでいる漢方薬はコチラです。

>>めまいを改善する漢方薬はコチラ

めまいを改善する漢方薬を飲んでみたら

早速、先輩の飲んでいた漢方薬を飲んでみる事にしました。
漢方薬を飲み始めてみた

そして、飲み始めてから数日が過ぎたころでしょうか。

朝起きる時のめまいが和らいだような気がしたのです。

こんなに気持ちよく起きれたのはいつぶりでしょうか!もしかしたら、わたしに合ってるかも?

そう感じたので、毎日その漢方薬を飲み続ける事にしたら…。

なんと!めまいでなかなかベッドから起きれなかったのに、今ではスッと起きれるように♪

気持ち良く起きれると、朝から気分が良いんです!
気持ちの良い朝を迎えられた

もちろん、いつめまいが再発するかわからないので、飲み続けるようにしていますが。

もし、あなたもめまいの薬が効かないと思っているのでしたら、症状の根本を解消してくれる漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。

そして次、スッキリと起きるのはあなたの番ですよ。

こちらで、漢方薬の公式サイトを張り付けておきますので気になる方はどうぞご覧ください。

>>めまいを改善する漢方薬はコチラ

めまいの薬の作用時間を相談するのも大切!?

めまいで薬を処方して貰う場合には、効果が現れる時間と作用時間を医師に確認しておきましょう。

薬が効かない場合には医師の指示に従い強い薬に変えて貰ったり、量を増やしたりできます。

しかし強い薬を飲み続けるのではなく、頓服として弱い薬を飲みながら自律神経を整える訓練をした方が身体には良いのです。

なぜなら薬には依存性があるため、「薬を飲まないとめまいは治らない」という体になってしまう可能性があります。

薬が効かない場合に試したいことは、脳がリラックスした状態を作る様に心がけることです。

めまいがした時に薬を飲んで、ゆっくり体を休めたり、温かい飲み物を飲むなどして、余計な刺激を受けない様にしましょう。

血流が良くなればそれだけ薬の効き目も良くなるので、手足を温めることも有効です。

ただ、リラックスしたくてもそんな余裕がない・・・という方は、副作用も少なく「めまいに効く」と紹介されている漢方薬を試してみるのも良いかもしれません。