自律神経というのは、私たちの交感神経と副交感神経を

調節してくれるところです。

 

交感神経は、私たちが日中生活している時に大きな役割を

果たしています。

 

反対に副交感神経は、私たちが夜間寝ているときに働くのです。

 

自律神経が乱れてしまううと、この交感神経と副交感神経の

バランスも乱れてしまいます。

 

そのために夜になっても交感神経が働き眠れない、

またストレスを強く感じるので、精神的疲労がたまるなど、

身体的にも精神的にも不調をきたすようになります。

 

そのような不調は強い不安感を引き起こします。

 

そんな自律神経が失調した状態をどのように解消することが

出来るでしょうか?

 

その方法の1つとして運動で解消する方法があります。

 

運動をすると、脈拍が上がります。

 

そして呼吸も早くなりますね。

 

そして心肺機能が高められるのです。

 

呼吸が浅くなってしまうと、体は酸欠状態になり、

自律神経のバランスは整いません。

 

しかしながら運動をしながら、しっかり呼吸をすることを

心掛けると深い呼吸が出来るようになるのですね。

 

深い呼吸をすると体の隅々まで酸素が行き渡ります。

 

また血液の循環も良くなりますね。

 

その結果、自律神経を整えることが出来るようになるのです。

 

また交感神経は、活動時に優位に働きます。

 

日中にしっかり運動をすると交感神経を強制的に

働かせることになります。

 

その結果夜にしっかり副交感神経が働くようになるのです。

 

運動をしている間というのは、体もきついですし、不安感を

感じることはあまりないでしょう。

 

不安感があったとしても、汗をかいたり、運動のやりきった感などで

吹き飛ぶはずです。

 

そうすると自然と不安感も解消できるのですね。

 

始めからきつい運動をする必要はありません。

 

自分で出来る範囲の有酸素運動を生活の中に

取り込んでいけたらいいのです。

 

一番大切なことは、有酸素運動を継続させること。

 

継続することで乱れた自律神経も自然に整うようになります。

 

是非生活の中で積極的に運動を

意識するようにしてみてください。