女性のめまいの原因をご存知ですか?

空調の効いた室内から、灼熱の屋外へ出たら太陽に目を射ぬかれてクラクラした、長い事座っていてふと立ち上がったら目がチカチカした…いずれも軽いめまいの症状です。

私たちの生活では、ふとした機会にめまいを感じることは少なくなく、前述のように温度差や高低差を急激に通過したような場合にふっとめまいを感じる、というのはごく当たり前の体の反応です。

ところが、こういった背景が何もないのに突然フラフラ・クラクラとしためまいを感じ、しかもそれが一日のうちに何度も起こるというのは大問題です。

重大な事が起こる前に改善しておく必要があります。

 
実は、薬でも効果が無かったのにある方法を試したとたん、嘘のように症状が和らぎました。

男性・女性を問わず、めまいの原因には様々なものが挙げられますが、重要な疾患が原因であることも少なくはないので、たかがめまいと思わずに、注意することが必要です。

体の周りがぐるぐる回ってしまうようなめまいは、耳や脳の病気が原因で、体の平衡感覚が不調になっていることが原因に挙げられます。

例えばポピュラーな、風邪をこじらせての中耳炎などでもなりますので、これは耳鼻科でしっかり完治させましょう。

また、足元がふわふわとして空に浮いているようなおぼつかなさを感じるめまいは、交感神経・副交感神経の自律神経系にトラブルが生じている「自律神経失調症」に併発することがよく知られています。

これはうつ病やパニック障害などのメンタル系疾患との関連性がよくあるのですが、過度のストレスなどが原因で体内の自律神経バランスが崩れていることで引き起こされます。

しっかりと心身の休養をとるとともに、心療内科や精神科・神経科などの医療機関を受診しましょう。

また、女性の場合は更年期障害といった女性特有の症状にめまいが付随することもよくあります。

これも同様に、閉経に伴う女性ホルモンバランスの崩れが、自律神経系のバランスを乱していることに起因しています。

最近は30代など若年層にも早期更年期障害の傾向が多くなっており、めまいをはじめ「吐き気」「体のほてり」「急な発汗」など、自律神経失調症と同じ症状が多く見られるので混同することもあるでしょう。

婦人科にあわせ、めまい改善のために神経科などをも受診してみましょう。