生漢煎の苓桂朮甘湯はめまい耳鳴りに効果!口コミや副作用の情報

生漢煎 苓桂朮甘湯

生漢煎の苓桂朮甘湯の漢方は、ドラッグストアや薬局などから購入を検討されている方は、お得な価格&送料無料で注文できる公式サイトがおすすめです。

↓↓↓公式サイトはコチラをクリック↓↓↓

ふわふわめまいに効果が期待できる苓桂朮甘湯の漢方

ネットならお店に買いに行く手間がいらないのでとっても便利♪

生漢煎の苓桂朮甘湯はめまいや耳鳴りに効果がある?

genkijosei

ちなみに、 苓桂朮甘湯 は「りゅうけいじゅつかんとう」と読みます。頭をひねっても読めませんでした…。

生漢煎 苓桂朮甘湯についてですが、こちらは「めまい」もしくは「耳鳴り」などの辛い症状を抑える効果が期待できると考えられています。

効果が期待できると書きましたが、この生漢煎 苓桂朮甘湯はサプリメントといった栄養補助食品ではなく【漢方薬】なので「めまいや耳鳴りに効く」とはっきりと表現できるのです。

つまり、苓桂朮甘湯はめまいや耳鳴りを改善する漢方薬です。

閃く

漢方薬はサプリではないので、かなり期待できそうですね♪

生漢煎の苓桂朮甘湯の口コミや効果

kutikomi

こちらでは生漢煎の苓桂朮甘湯の口コミや効果を紹介しています。

考える

やっぱり試す前に口コミや効果が気になりますよね。

これから生漢煎の苓桂朮甘湯を購入しようと考えている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

それでは生漢煎の苓桂朮甘湯の口コミと効果をご覧ください。

口コミ
耳鳴りが非常に酷く、セミのように響き渡ることがあり、体力もなくて、毎日仕事が辛く感じていました。こちらの生漢煎 苓桂朮甘湯を飲むようになり、こういった症状が改善されて、辛さが取り除かれました。
耳鳴りがマシになり、めまいや疲れなども一気に改善しました。
口コミ
以前からめまいがするようになり、ベッドから起き上がることが出来なかったり、寝込んでしまうことも多かったです。しかし、こちらの生漢煎 苓桂朮甘湯を飲むことで、これらの怖い症状がかなり改善され、安心して毎日過ごすことが出来るようになり助かっています。
口コミ
普段から突然、耳鳴りの症状が酷くなり、めまいに苦しんでいました。ストレスや精神的なものだろうといわれ、付き合っていくしかないと思っていたのですが、こちらを飲むことによって、徐々に改善され、今では周囲の人との会話も問題なく出来るようになりました。

以上が生漢煎の苓桂朮甘湯の口コミや服用された方が実際に感じた効果でした。

閃く

多くの方が嬉しい効果を感じたみたいですね!

もちろんこれらの生漢煎の苓桂朮甘湯の口コミや効果は個人差があるため全ての人に良いというわけではありません。

ただ、今まで何をやっても効果がなかったという人は、サプリメントではなく漢方薬で効果効能が認められているので試してみるのも良いかもしれませんね。

↓↓↓お得に購入できる公式サイトはコチラ↓↓↓

ふわふわめまいに効果が期待できる苓桂朮甘湯の漢方

生漢煎 苓桂朮甘湯は、体力がないという方、体力が中等度以下で、普段から、めまい、ふらつきの症状があり、ときにのぼせてしまったり、動悸や息切れの症状がある方におすすめされている漢方薬です。

たとえば、自分や周囲がグルグル回ってしまうような感覚があったり、ふわふわめまいでまっすぐ歩けなかったり、ストレスをためやすい方などの場合、効果的です。

こちらの、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」は、体の中の、「気」を補うという働きがあります。

そして、その上昇を助けることができます。

さらに、それとともに、たまった「水(すい)」をとり除きます。

そうすることで、めまいや、耳鳴りの症状を改善することが出来ます。

そして、「心(しん)」にもはたらきかけることによって、動悸や息切れなどを改善する事が出来るのです。

また、鎮痙・消炎作用もあります。

たとえば、急迫症状を緩和する事が出来ますし、栄養成分である血を増やします。

そして骨格筋や平滑筋のけいれんを抑制して、痛みなどを防ぐという働きがあります。

生漢煎の苓桂朮甘湯の副作用は?

fukusayou

こちらの漢方薬は、天然由来の生薬が使用されていますので、 生漢煎の苓桂朮甘湯の副作用は非常に少ないと考えられています。

生漢煎の苓桂朮甘湯を試してみたいけど副作用が気になる方も多いかもしれません。

しかし、医薬品と同時に飲むと体に負担をかけてしまうこともありますので、あらかじめ主治医に確認を取るようにしておきましょう。

生漢煎の苓桂朮甘湯に副作用はほぼありませんが、発疹や赤みなどが表れる場合がありますので、何か違和感を感じた場合には、飲むことを避けておくようにしましょう。

生漢煎の苓桂朮甘湯成分

seibun

成分ですが、主に4種類の生薬が配合されています。

茯苓(ぶくりょう) 桂皮(けいひ) 白朮(びゃくじゅつ) 甘草(かんぞう)などの生薬が配合されていて、全ての薬草から漢字をとり、このような名前に名付けられています。

症状に合わせて、複数の生薬が配合されているということもあって、さまざまな症状に効果的になっています。

さらに天然由来の生薬を使用しているというのも大きな特徴です。

生漢煎の苓桂朮甘湯の飲み方

nomikata

食前、または食間などに、そのまま水、またはお湯などで飲むようにします。

食間とは食事と食事の間で、食後から2~3時間経ってからのことをいいます。

食事を抜いてしまった場合も、食事を摂る予定だった時刻の2~3時間後を目安に飲むようにしましょう。

また、もしも食事の時間が不規則という場合には、食事の時間にこだわらず、服用する時間を6時間おきのように大体決めて服用するようにしましょう。

生漢煎の苓桂朮甘湯の飲み合わせに関しては、 かかりつけの医師と相談のうえ試しす事をおすすめします。

生漢煎の苓桂朮甘湯の購入方法

生漢煎 苓桂朮甘湯の購入方法ですが、主に公式ホームページで購入をする事が出来ます。

アマゾンや楽天などの通販サイトでは販売されておらず、類似品もありますので、注意をしましょう。

アマゾンなどでは、クラシエやツムラの漢方が販売されています。

またドラッグストアなどの店頭でも販売されていない、ネットでの専売品となります。

また、公式ホームページの方が、キャンペーンで割引価格で購入をする事が出来ますので、非常にお得に購入できます。

まずは、公式サイトのトップページにおいて、希望の商品を選び、情報を入力して、購入をしましょう。

↓↓↓公式サイトはコチラをクリック↓↓↓

どうしてめまいや耳鳴りになる?

漢方では、めまいの原因として、体の中の「水(すい)」の停滞や偏在というものが原因として考えられています。

この滞った「水(すい)」が原因で、体の中の「気」の流れを阻んでしまうことになります。

これが特に頭部で滞ることによって、めまい、頭痛、ふらつき、耳鳴りなどの症状が起こると考えられています。

また、めまいの場合には、耳や脳の病気が隠れている場合もあり、メニエール病などの症状である可能性もあります。

このような症状を放置してしまうと頭痛やうつ、パニック障害、下痢、吐き気など色々な悩みが増えてしまう可能性があります。

そうなると自律神経失調症の疑いも現れかもしれませんので、錠剤で飲みづらいかもしれませんが、即効性は意識せず試してみてください。

日常生活ではストレスや過労などでも発生することがありますし、アルコールの飲み過ぎ、たばこの吸いすぎでもこういっためまいの症状が引き起こされる可能性もありますので、注意が必要です。

更年期になると、肩こりやむくみ、高血圧、冷えなど悩みは様々です。

1日も早く生漢煎の苓桂朮甘湯を試してみてはいかがでしょうか。