耳の奥で絶えずピーピーと鳴っているような耳鳴りで

悩んでいませんか?

 

他人には理解されないこともあいまり、耳鳴りに

悩まされる人は辛い思いをしていると思います。

 

そこで、耳鳴りの治し方として、日々の食べ物を

見直してみてはいかがでしょうか。

 

大前提として、耳鳴りの原因は様々あると考えられています。

 

その中でも特に耳鳴りを緩和させるためには

①血行の促進

②細胞の老化を防ぐことが

重要と考えられています。

 

ではこの2点を達成するためにどのような食べ物を

摂れば良いのかをご紹介します。

 

まずは亜鉛です。

 

亜鉛はリンパや血流の流れを促進する働きを持っており、

特に耳の神経に音を伝える働きを持つことでも知られています。

 

そこで亜鉛を多く含有する食品としては牡蠣や豚肉、

卵などが挙げられます。

 

牡蠣はなかなか日常の食卓に取り入れにくいかもしれませんが、

卵や豚肉であれば献立を工夫することで飽きずに摂取できます。

 

次に耳にまつわる神経の代謝に効くとされるのがビタミンBです。

 

ビタミンBはレバーや秋刀魚、蜆やあさりといった魚介に

多く含まれています。

 

あさりや蜆であれば味噌汁で、秋刀魚は特にこれからの

季節出回る旬のものですので積極的に摂るようにしましょう。

 

レバーの臭みが苦手な方は甘辛煮にしたり、レバーパテに

したりするなど工夫すれば食べられるようになるかもしれません。

 

他にも豚肉や大豆、ゴマなどもビタミンBが多く

含まれているので一緒に摂取するようにすると良いでしょう。

 

最後に自律神経を調整するたんぱく質も欠かせません。

 

たんぱく質と言えば多くの魚や肉、卵といった主菜に

使用する食べ物に多く含まれています。

 

さらに、大豆や乳製品にもたんぱく質は含まれているので

毎日の主菜に魚や肉を取り入れることはもちろん、

副菜や間食に納豆や乳飲料を取り入れるようにするなどして

幅広い食材からこれらの栄養素を摂取できるようになるといいですね。

 

もちろん耳鳴りの治し方には様々な方法があります。

 

ですが、食を見直すというのは誰もが簡単に始められる

治し方ではないでしょうか。

 

是非一度現在の食生活を見直し、耳鳴りの辛さから

解放されることを願っています。