耳鳴り用の薬にも副作用はある?薬剤性内耳障害って一体なに?

耳鳴り用の薬に副作用がないか気になっていませんか?

音がしない場所で音が聞こえてしまう耳鳴り。

この症状はどの人にも起こり得るごく一般的なものですが、ひどい場合病気の可能性もあります。

その原因は耳だけでなく、神経、脳、心と様々です。

そして、耳鳴り用の薬にも副作用が報告されています。

不愉快な耳鳴りを治すために薬を飲んでも副作用があっては、安心できません。

耳鳴り用の薬の副作用とは!?

耳鳴り治療のために薬を服用した際の副作用について紹介していきましょう。

耳鳴りの原因として、血行不良やビタミン不足、その他の病気が考えられます。

血行不良やビタミン不足が原因ではない場合、耳鳴り治療を目的とした薬、ストミンAというものを投薬する場合が多いとされています。

このストミンAは副作用の強い薬ではありません。

ですが、顔のほてり、湿疹、胃の不快感など、軽い副作用が出てしまうことはあります。

悩む

休日なら問題ありませんが仕事中は注意が必要です。

副作用によってさらに体に異変があるようでしたら、再度病院を受診するのがいいでしょう。

ただ、副作用が怖いとなると更に効果が薄い薬になってしまうのは仕方がありません。

  • 耳鳴りの効果を取るか?
  • 薬の副作用を避けるか?

本当に難しい選択かもしれません。

私が耳鳴りを解消するために選んだ方法とは

治療するための薬なのに、副作用があるなんて怖い、できれば避けたいという方には漢方薬を使うという手もあります。

確実に副作用が出ない、というわけではありませんが、副作用を極限まで抑えたものもあります。

市販の薬では副作用が強く出てしまうという方は検討してみると良いかもしれません。

実は、私も耳鳴り用の薬の副作用が悩まされていた時にインターネットで耳鳴り用の漢方薬を見つけたのです。

閃く

耳鳴り用の漢方薬!?

初めは正直、効果があるのか不安でした。

でも、耳鳴りやめまいに特化した漢方薬だったので試すことにしたのです。

飲み始めてから数日は、思ったほど効果はありませんでした…。

漢方薬は、一般的にすぐに効果が現れるのではなくジワジワと効いてくる感じのようです。

そして、普段から飲んでいる薬は即効性がありますが、症状自体を解消することは難しいです。

しかし、漢方薬は症状の根本的なところを改善してくれるので、飲み続けることで耳鳴りの存在を忘れられるかもしれません。

閃く

漢方薬を飲むとそんな嬉しい効果があるんです。

わたしも漢方薬を飲み続けた結果、耳鳴りはもちろんのこと耳鳴り用の薬の副作用も問題なくなりました♪♪

耳鳴りの辛さは誰にも分ってもらえないので本当に困っていましたが、飲み始めてからは気持ちよく過ごせています。

漢方薬に感謝ですね!

そして、その効果を見た家族も「漢方薬ってすごいね!」と感心してました。

もし、あなたも耳鳴りや薬の副作用で悩んでいるのでしたら、この漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。

病院に行って診察する必要もありませんし、サプリメントではないので安心して試せると思います。

そして、次に耳鳴りのない生活に戻すのはあなたの番です。

その漢方薬の公式サイトに興味のある方はどうぞご覧くださいね。

耳鳴りに特化した漢方薬の公式サイトを確認してみる。

ただ、耳鳴りには大きな病が隠れている場合もあります。

最悪の場合、耳が聴こえなくなったり命を落とすこともあります。

病院に行くほどのことでもないだろうと放置せずに、少しでもおかしいと思ったら早めに病院に受診するようにしましょう。

耳鳴り用の薬の副作用で症状は?

名前を薬剤性内耳障害と言います。

原因となる薬は抗生物質、鎮痛剤、抗がん剤など種類は様々。

さらに服用した人全員に症状が現れるわけではありません。

この薬剤性内耳障害の治療法としてはまず、原因を引き起こした薬の服用をやめることから始まります。

内耳のダメージが深ければ深いほど、回復は難しくなるので異変を感じたらすぐに病院を受診しましょう。