自律神経失調症で不眠に!?グッスリ眠れる解消法とは?

不眠に自律神経失調症が関係していることをご存知でしょうか?

就寝時に促される「副交感神経」が上手く働かないようになり、パッチリと目が覚めてしまう「交感神経」が活発化してしまいます。

つまり、起床時と就寝時にそれぞれ働き始める交換神経が逆になってしまい寝ようと思っても寝れなくなってしまう。

これが自律神経失調症で不眠になってしまうということです。

夜はグッズリと眠り、朝にスッキリと目覚めたいと考える人がほとんどではないでしょうか。

わたしも眠ろうと布団の中に入るのですが、全然眠る事ができなのです…。

悩む

眠れないとイライラしたり焦ったりと本当に辛いです。

そのため、スマホやTVをつけて観てついつい夜更かしをしてしまい、グッタリと起床する日が続いています。

最悪な事に、そのサイクルから抜け出すことができなくなり更に不眠になってしまいました( ;∀;)

私と同じように不眠で悩んでいる人が多いかもしれません。

そして、ただ眠る事ができないだけだろうと思っている不眠ですが、実は自律神経失調症と深い関係にあるのです。

自律神経失調症の不眠を解消するには?

不眠を解消するために実践できることはいくつかあります。

例えば、休日は夜中も寝ずに1日中起きている。

流石に1日中眠らずに起きていたら、いつかは眠気が襲ってきますので、就寝時間(21時~23時など)まで我慢する。

そうすることで、その日は定時に眠る事ができるので久しぶりの心地よい睡眠を得られるかもしれません。

ただ、この方法は「その日」は眠れても翌日も眠れるとは限りません。

そして、次に試せる方法は、ランニングやウォーキングをして体を疲れさせます。

これは人それぞれ体力が違うので、あなたの体力以上の運動をすることが大切です。

悩む

私はこれらの方法では不眠を解消できませんでした…。

そこで色々な人に相談して試した方法が良かったです♪

自律神経失調症の私が不眠を解消した方法

夜眠れない症状が長い期間続いていました…。

夜眠れないと仕事のことが気になりだしたり、対人関係の緊張が蘇ったり本当に辛いです。

悩む

でも焦れば焦るほど更に眠れなくなります。

そのせいもあり仕事中はボーっとして急に眠気が襲ってくることもありました…。

そんな私を見かねてか職場の先輩が声をかけてくれたのです。

以前先輩も不眠で悩まされていたようでした。

仕事の事やプライベートの事を就寝前に考え始めたら、眠れなくなってしまい不眠にという感じです。

で、その時の不眠を解消した方法を教えてくれたのです!

それは、科学的根拠に基づいて「睡眠をサポートする」という機能を分かりやすく表示した【機能性表示食品】でした。

考える

機能性表示食品?サプリメントではないのかな…。

と思ったのですが、サプリメントは「栄養補助食品」なのでちょっと違いました。

先輩の勧めもあり早速試してみる事にしたのです。

飲み始めは思ったほど効果は実感できませんでした…。

悩む

やっぱり即効性はないみたい。

飲んだらすぐに眠れたら良いな…とは思っていたのですが、そんなに甘くないですよね。

というか、飲んですぐに眠る事ができたら…

ショック

それは睡眠薬ですよね。

ただ、数日・数週間と飲み続けていくと円滑に入眠できた気がしたのです。

久しぶりにスッキリ~♪

それに伴って睡眠時間や日頃の疲労が回復する感覚が改善したのです。

閃く

こんな気分とても久しぶり♪♪

私の睡眠内容に気付いたのか家族が

「夜中にゴソゴソするの少なくなったね♪」

なんて言ってきたのです(;^_^A

恥ずかしい事に眠れずに部屋中を歩き回る音が、家族には不愉快だったみたい…。

でも、飲み続けていくうちに私も家族も心地よい睡眠を取り戻すことに成功したのです!

みんなハッピーになりました♪

もし、あなたも自律神経失調症で不眠で悩んでいるのでしたら、この
【機能性表示食品】 を試してみてはいかがでしょうか。

この機能性表示食品に興味のある方は、公式サイトをご覧ください。

そして、次にグッスリと眠るのはあなたの番です。

機能性表示食品で不眠を改善したい方はコチラをご覧ください。

自律神経失調症と不眠の関係とは!?

先ほども紹介さえていただきましたが、どうして自律神経失調症と不眠が関係しているのか不思議に思いませんか?

自立神経のひとつである副交感神経は夜間やリラックスしている時に働き始め、眠たくなります。

その逆に交感神経は興奮や緊張している時に働きが活発になります。

交感神経が働きている時は、眠たくならないという事です。

つまり、自立神経の副交感神経が働いていてリラックス状態になっていないと眠たくならないのです。

そして、眠たいのに無理に起きていると交感神経がいつまでも休むことができず、夜になっても上手く副交感神経に切り替える事ができなくなってしまいます。

自律神経失調症などを患っている時は、イライラや緊張、落ち込んでいるといった感情が常に頭の中にあるので交感神経が働いています。

しかも、悪循環が重なり不眠になり精神的に病んでしまい自律神経失調症になってしまうというケースもあります。

何が原因で不眠や自律神経失調症になるのかわかりませんが、普段の生活習慣を整えて過ごす事が非常に大切です。

少しでも、自分の生活が乱れてきたな…と感じたら早寝早起きをして、いつもの時間がきたら眠たくなるように習慣づけるよう心がけてくださいね^^

それだけで、自律神経失調症や不眠を解消する事ができるはずです。