自律神経失調症を改善するためにストレッチがオススメです。

 

自律神経失調症から起きる頭痛、気分の滅入り、眩暈、しびれ、

耳鳴り、吐き気など原因不明の体調不調本当に辛いですね。

 

治療法には、薬、カウンセリング、訓練など色々ありますが、

病院に通わないと治らないかなと悩んでいる方もいると思います。

 

運動やストレッチ体操も自律神経失調症の治療に効果が

あるんです。

 

筋肉の緊張が自律神経に悪影響を与え、肩の凝りや

頭痛など引き起こすことも多いです。

 

まず、自律神経失調症の一番の原因はストレスです。

 

ストレスを軽減するには、運動と休息と楽しい趣味、

中でも軽い運動は確実にストレスを和らげ、

睡眠の質も向上してくれます。

 

一人で運動をするのが苦手な人もいるかと思います。

 

そんな時は、ジムに入会してスタジオで仲間と汗をかいて、

レッスンの終わりにはストレッチで締めで終えます。

 

ジムのインストラクターは丁寧にストレッチのやり方を

教えてくれますので、安心してくださいね^^

 

ただ、毎日通う必要はないと思います、

多くても週3回で十分ですよ。

 

根を詰めて通うと後で、ストレスになってしまう

可能性が出てきます。

 

ジム通いをして数か月すると、体調がよくなっていることに

ビックリするでしょう。

 

そして、気持ちを安定させる効果がある

脳のセロトニンは運動すると増えます。

 

ストレッチは家でも簡単にできます。

 

ジョギング、筋トレ、スポーツ後の筋トレはさらに効果が

あって気分も良くなります。

 

首、足、背中、お腹など全身ストレッチを毎日5分続けると、

身体の筋肉がほぐれ血行も良くなります。

 

姿勢も自然とよくなってきます。

 

PCで1日中オフィスで作業していると、前かがみな姿勢に

なってきます。

 

猫背はいけません。内臓にも負担をかけます。

 

ストレッチをすることで、凝った筋肉をほぐし、姿勢も矯正します。

 

長時間のコンピューターの作業も自律神経に悪影響を

及ばしますので、一日の終わりには軽い運動とストレッチで

緊張を解してください。

 

ストレッチをするのは正しいフォームが大切です。

 

難しいものではないので、ネットで検索してみましょう。

 

ゆっくり音楽でも聴きながらストレッチをしてください。

 

ストレッチは難しいものではありません。大切なのは

ゆっくり丁寧にです。