自律神経失調症をストレッチでする治し方を
ご存知でしょうか?

 

ストレッチは、体や精神的に負担にならないとても
有効な運動です。

 

老若男女色々な世代でできるのが特徴であります。

 

体の柔軟性や体幹も鍛える事ができるので、多くの
人が実践しているかもしれません。

 

でも、色々な効果が期待できるストレッチですが、
本当に自律神経失調症を効率的にできる治し方と
言えるのでしょうか?

 

ストレッチは自律神経失調症を改善できる治し方!?

ストレッチは、どちらかと言えばゆっくりとした運動で
体の芯や筋を伸ばしていくイメージがあります。

 

見ただけでも過激ではないので、お年寄りでも安心して
行う事ができる運動です。

 

ただ、そんなゆっくりとした運動で自律神経失調症を
改善する事ができるのでしょうか?

 

実は、自律神経失調症は緊張した時に活発化される『交感神経』と
リラックスしている時に高まる『副交感神経』があります。

 

これらの交感神経のバランスが取れていると
自律神経失調症の症状は現れにくくなります。

 

日頃から、生活環境や食生活、ストレスなどが原因で
交感神経のバランスが乱れてしまいます。

 

この交感神経のバランスを効率よく安全に整えてくれるのが
ストレッチです。

 

なぜなら、ストレッチをする事で血流が良くなり体がポカポカと
温かくなり日頃のストレスやイライラをゆっくりと落ち着かせる
効果が期待できるのです。

 

すると、副交感神経が効率よく働きあなたをリラックスした
状態にしてくれます。

 

リラックスした状態なら、イライラなどの自律神経失調症の
症状を和らいでくれるのは言うまでもありません。

 

つまり、ストレッチは自律神経失調症を改善してくれる
体に負担のかからない治し方なんです。

 

副交感神経を促進するストレッチのコツとは!?

ストレッチをするには、ちょっとしたコツを覚えて
おくと良いと思います。

 

コツといっても、難しい事ではないので安心してくださいね^^

 

そのコツというのは、

 

・ゆっくり
・自然な呼吸法
・無理をしない

 

という程度です♪♪

 

ストレッチは、お年寄りでも安心してできるのが
オススメの理由なんですよ。

 

そして、ストレッチをする時間は朝でも昼でも良いのですが
風呂上がりの就寝前にすると、寝つきが良くなるので
とってもオススメです!

 

中には、自律神経失調症の症状で不眠の人もいるかも
しれないので気になる人は、ベッドの上で寝る前に
実践してみてくださいね。