自律神経失調症は何科!?治療を受けるにはどこに通えば良い?

自律神経失調症は何科に通えば良いか存知でしょうか?

病院

それは、

  • 精神科
  • 心療内科

が適しているようです。

精神病院を紹介されたときの体験談

実は以前、原因不明の蕁麻疹(じんましん)で悩まされていました。

イライラしたり、体が熱くなってくると体中が痒くなる感じです。

そんなこと、今までなかったので時間が経てば解消されると思っていたのですが、なかなか治りませんでした。

そこで、掛かり付けの病因で診察をしてもらったのですが、結局原因はわからなかったのです…。

でも、頻繁に蕁麻疹が出るので診察し続けていたところ、掛かり付けの医師が

「精神病院を紹介しますよ。」

と言ってきたのです。

正直、その言葉が出た瞬間ショックでした…。わたしが精神病院に…。

医師は私の蕁麻疹は精神的な部分から来ていると判断してくださったのだと思います。

でも、私は精神病院なんて通いたくないと思いました。

私の悩みを解消してくれたある方法

そんなことを娘に相談したところ、インターネットで自律神経に関するホームページを紹介してくれたのです。

そのホームページには、自律神経失調症を改善する方法が紹介されていました。

自律神経失調症!?

と思ったのですが、わたしのもしかして蕁麻疹と関係しているかもと思い読んでみたのです。

すると、体に起こる体調不良は自律神経が関係しているというのです。

原因不明の体調不良は、自律神経失調症を疑うことも必要のようです。

実は、骨盤や姿勢が悪いと頭の中にある自律神経を圧迫してしまい、体調不良を訴える人が多いのです。

「確かに、わたしの蕁麻疹ははっきりとした原因がわからない…。」

もしかすると、この自律神経が関係しているのかも。

そして、その改善方法に興味を持ったので実際に教材を購入してみたのです。

その方法には、食事療法や骨盤の歪みを矯正する方法といったことが詳しく書かれていました。

これくらいなら自分のペースで簡単に進められると思い、気持ちよく実践できたのです。

自律神経失調症を改善する方法を試してみての感想

その方法を実践してみたところ、数日間は特に改善されたとは思いませんでした。

でも、骨盤を矯正したり、体に必要な食事を取り入れていくうちに蕁麻疹の出る感覚が少しずつ長くなってきたようなのです。

もちろん、急激なイライラや体温の上昇のときは出てきましたが。

その方法を続けていくうちに骨盤の歪みが治り、それに伴い猫背気味だった姿勢もピン♪となってきたのです。

「ちょっと若く見られることも^^」

そして、数か月が過ぎたころには蕁麻疹の存在も忘れてしまうくらいになっていたのです!

「あ…自分の症状は自律神経から来ていたんだな…。」と実感しました。

もし、あなたが自律神経失調症で悩んでいるけど、本当は病院に通いたくない…と思っているのでしたら、この方法を試してみてはいかがでしょうか。

次はあなたが実践する番です!

自宅で自分のペースでできるので、本当にストレスにもなりません。

だから、こんな私でも無事に体調不良を改善したこの方法をご覧くださいね。

自律神経を整えた方法を確認してみる。

自律神経で悩んでいる人は増えている?

最近は、自律神経失調症という症状に悩まされる人が増えています。

厄介なのは、はっきりとした原因が分からないのに慢性的な疲労・めまい・不眠などの症状が続いてしまうことです。

きちんと休んでいるのに疲れが抜けない日が多いときは、早めに対処することが大切だといえます。

ただ、初めて症状が出てきた人の場合、何科を受診すればよいのかが分からずに悩んでしまうものです。

何科に行くべきかの判断を間違えてしまうと、治療に時間がかかってしまうことになります。

まずは、どのような症状が出ているのかを確認することが大切です。

自律神経失調症の症状として多いのは疲労・だるさ・めまいなどですが、それ以外にも便秘・下痢などの胃腸に関する症状、微熱のような風邪に似た症状もあります。

風邪だと勘違いしてしまうと、適切な対処をすることができなくなってしまいます。

すぐに改善すれば風邪の可能性が高いですが、症状が長く続いていたり、頻繁に起きたりする場合は自律神経失調症を疑ってみることが必要です。

自律神経失調症は、精神的な症状だと考えられることが多いです。

何科を受診するのがよいかというと、精神科や心療内科が適しているといえます。

精神科に通うことには抵抗感を抱いてしまう人が多いですが、心療内科であれば比較的気楽に通うことができます。

自分で悩んでいるだけでは改善しないので、早めに受診することが何よりも大切です。

規模の大きな総合病院に行くよりも、かかりつけ医のように楽な気持ちで相談できる医院に行く方がスムーズに治療を進められます。

自律神経失調症には特効薬のような薬がないのです。

ただし、病院・医院に通ったからといって短期間で症状が改善するわけではありません。

時間をかけて地道に治療を進めていく必要があります。

薬を用いる場合は、漢方薬を服用するのが一般的です。

また、ストレスが大きな原因になっていることが多いため、心のケアにも力を入れなければなりません。