自律神経失調症を整える呼吸法をご存知でしょうか?

 

自律神経失調症の症状に悩まされるようになったら、

漢方薬などの薬を用いることが多いです。

 

しかし、薬による治療を行っているだけでは不十分だということに

注意する必要があります。

 

薬を飲んでいれば大丈夫だ、と安易に考えてしまうと、

なかなか症状を改善させることができなくなります。

 

自律神経失調症の症状を改善させる上で最も重要なのは、

正しい呼吸法を身につけることです。

 

自律神経失調症という症状は、その名称からも分かるように

自律神経が大きく関わっています。

 

自律神経をきちんと整えるようにしないと、症状が長引いてしまうのです。

 

自律神経を整えるのに役立つのは、腹式呼吸という呼吸法です。

 

腹式呼吸は、簡単にできると思われがちですが、意識的に

取り組んでいないと簡単にはできません。

 

自律神経を整えるために腹式呼吸を行う場合、ベッドや布団に

仰向けになって行うのが良いです。

 

このとき、服装に注意する必要があります。

 

きつく締めつけてしまう服装では、スムーズな腹式呼吸が

できないのです。

 

ゆったりとした服装で、リラックスした状態で臨むのが

ポイントになります。

 

正しい呼吸法を身につけるのが難しいとされるのは、

ある程度のコツを掴むことが必要になるためです。

 

最初に全身の力を抜かなければならないのですが、

慣れるまでは余計な力が入ってしまうものです。

 

これは、少しずつ慣れていくしかありません。

 

腹式呼吸という呼吸法は、お腹を膨らませたり凹ませたりすることで

横隔膜を動かし、自律神経を刺激するものです。

 

スピーディーに行うのではなく、ゆっくりと行うことが大切です。

 

腹式呼吸に慣れていない人の場合、すぐに疲れてしまいます。

 

また、無理な呼吸法を続けると苦しくなることも多いです。

 

トレーニングとして取り組むわけではないため、無理は禁物です。

 

いきなり長時間の腹式呼吸をするのは避けて、少しずつ時間を

長くしていくようにします。

 

正しい呼吸法が身につくと、徐々に自律神経が整うようになります。