もし、あなたが自律神経失調症を患っていて
不眠を解消したいと思っているのでしたら、
足つぼを刺激する治し方があります。

 

考えれば考えるほど、寝つきが悪くなり
気づけば朝陽が雨戸の隙間から差し込んでいる…。
といった経験をしているかもしれません(涙)

 

本当に多くの人が同じように悩んでいるのです。

 

『ただ、眠るだけで良いんです…。』

 

そこで、眠れないと感じた時やお風呂上がりで
リラックスしている時に足つぼを押して、自律神経失調症の
症状を和らげてみるのも良いかもしれません。

 

自律神経失調症を和らげる足つぼとは!?

足には多くのツボがある事はご存知の事でしょう^^

 

そして、足つぼを押す事でツボと繋がっている
臓器や体調を整えてくれる働きがあります。

 

そして、気になる自律神経失調症を足つぼでの治し方は
至ってカンタンです。

 

土踏まずの側面にある『太白』と、約3㎝ほどかかと側にある
『公孫』というツボを刺激します。

 

ただ刺激すると言っても指でグイグイと押し当てるのではなく、
『太白』から『公孫』まで擦ればいいのです。

 

手の親指で『スーーー!』とツボからツボへ移動する
感じです。

 

この時の注意点ですが、逆に擦っても効果がないので、
必ず『太白』から始めるようにしてくださいね。

 

足つぼを刺激する事で、副交感神経の働きが
促進されるので、交感神経とのバランスが取れる効果が
期待できます。

 

気持ちも良いので本当にリラックできますよ^^

 

眠る事すらできない症状とは!?

自律神経失調症で眠る事ができずに色々な
方法を試したかもしれません。

 

しかし、どの方法も思ったほど効果がなく
結局毎晩眠れずにいる…。

 

この状態は、首付近に集中している交感神経の
働きが過敏になっている事が多いようです。

 

交感神経は、緊張している時に働く神経なので
副交感神経とのバランスを取り、体調を整える
必要があります。

 

もし、自律神経失調症で眠る事ができないと悩んでいる
のでいしたら、この足つぼの方法で治してみては
いかがでしょうか?

 

とっても簡単な治し方なので気楽にできますよ!