運動が自律神経失調症に効果があると思いつつも
行動に移せないと悩んでいませんか?

 

落ち込んでいるために良いとわかっていても
なかなか運動できないと感じている人も
多いようです。

 

1日も早く、この原因不明の症状を解消したですね。

 

そこで、わたしも気分が良い日は外に出て運動を
するようにしていました。

 

季節にもよりますが、自ら進んで運動しているせいか、
日差しや心地よい風がとっても気持ちよく感じるんです。

 

やっぱり、外に出ないといけませんね。

 

といっても自律神経失調症の治し方で運動が良いと言われて
いますが、少しだけ注意点があるんです。

 

自律神経失調症を治す運動の注意点とは!?

自律神経失調症以外にも健康維持のためにも、適度な
運動は本当にお勧めです。

 

ウォーキングやジョギング、水泳、筋トレ、短距離走など
色々な運動が思い浮かぶかもしれませんが、

 

どのような運動が良いと思いますか?

 

実は、水泳や短距離走といった強度の運動はオススメできません。

 

というのも強度で運動量の大きい運動は、体に負担をかけて
しまうばかりか、呼吸が早くなってしまうので交感神経の
働きが促進されてしまいます。

 

交感神経は、自律神経を過敏にしてしまうので症状が
悪化してしまうのです。

 

さらに、体を酷使する運動は長期間続ける事ができませんし、
途中で挫折してしまうイメージがつくのでダメですよね…。
でも、安心してほしいのです。

 

自律神経失調症を改善してくれる運動は、ウォーキングといった
軽めの運動が中心です。

 

軽めの運動をする事で、リラックス効果やストレス解消を
促進できるので、副交感神経が働きます。

 

副交感神経が働きだすと、体の中の緊張がほぐれ脳から
精神を安定させる効果がある『セロトニン』が分泌されます。

 

さらに、ウォーキングで足の裏を刺激する事で多くのツボに
繋がる臓器などの調子を整えてくれるのです。

 

つまり、もしあなたが自律神経失調症の治し方を探している
のでしたらウォーキング運動を取り入れる事をオススメします。